わたしたちは家づくりにとても熱い想いをもって臨んでいます。

私たちは決まりきった建物を造っているわけではありません。お客様のご要望とともに、その想いの先にあるものを探し出し、現時点で考えられる最高のものをご提案したいと考えています。
お客様のご期待を超えるものを造るには、四六時中建築のことを考え、お客様が喜んで頂けるものはどういったものなんだろうかと考え続ける必要があります。担当となるスタッフと共に打合せに臨む建築士とがタッグを組み、お客様から聞き取りをさせていただいたお話しをもとに、担当建築士は夢の中までもプランを考えます(冗談のようで冗談ではありません(笑))。
これは会社からやらされてできるものではありません。建築士は建築が好きでこの仕事に就いています。それはお客様のために頭を悩ませ、自分たちが考えた最上の建物を建てることができ、それができた結果お客様が「あなたに頼んでよかった」と言っていただける瞬間のために仕事をしていると言っても過言ではありません。
それくらい建築が好きで、いつも【よりつかいやすいものを】【よりお客様に満足いただけるものを】【よりかっこいいものを】と考えています。
時間があれば建築のことを考え、町を歩いては建物やお店、更にはインテリア家具など、多岐にわたって建築に絡む情報収集を趣味のように、いえ、趣味として行っています。
ここまでくると、そんな人いるの?病んでるんじゃないの?と思われてもおかしくありませんが、全て本当で事実なんです。
それくらいしないと、いいいえづくりはできないと思っていますし、私たちはそれが苦痛だなんて思ったことがありません。
家づくりに携われるというのが楽しくて仕方がなく、ものづくりが好きで仕方がないんです。
好きなことをして、お客様に喜んでいただける、そんないい仕事はないと思っています。
もちろんこの仕事は大変です。
責任だってとても重いものです。
皆さんが住んでいて、壊れやすくてはいけません。
安全性には最大限の配慮をしなければいけません。
それが長期間継続していかなければいけません。
設計者個人には、設計をした責任が問われてきます。
これは法律で定められていて、法人ではなく個人が責任を取ると規定されているからです。
だからこそ、建築士がいる会社では様々なリスクを減らすためにまじめすぎるくらい真面目に仕事に取り組むのです。
より良いものを作り出すにはアイデアが必要です。
しかし、良いアイデアは一朝一夕には出てきません。
多岐にわたって情報を仕入れ、常に新しいものを知っている必要があります。
新しいものばかりではなく、古いもので大切な文化や考え方も知る必要があります。まさに温故知新ですね。
社内ではいつも建築の話ばかり。
「こういう建物建てたいよね~」
「どうやったらこうできるんだろう」
「こんな建築模型あったよ」
「これは使いにくそうだし、将来傷みやすいからやめよう」
他の話をしていても最終的にはこんな話ばかり。
でも飽きないですし、楽しいんです。
これがお客様と共感できて、一緒に楽しんでいえづくりができたら最高だと思っています。
私たちはうっとうしいくらい建築に熱いです。
金額は大切なんですが、それ以上に一生懸命に家づくりをする気持ちを感じ取っていただき、共感していただき、わたしたちに依頼していただきたいと思います。
家づくりに関する熱い気持ちは他には絶対に負けません!
なんとなくなんてやれるわけがありません!
真剣だからこそ苦しいことも楽しくなり、責任を持ってお客様の家を建てさせていただくことができると思っています!
私たちを信頼してください。
決してその気持ちは裏切りません!

大切にしているのは今以上の未来

いえづくりにおいて、お客様は近い将来を見据えて検討される方が多い気がします。
今の家族構成、
将来子供が生まれるから、子供部屋を造ろう、
書斎があるといいよね、
家事室もあると便利だわ
子供に目の届くキッチンがいいわ

もちろん全て大切です。
わたしたちは、目先のことは当然ながら、お客様が想像していない範囲である、10年後、20年後の未来も想像しながらご提案していきます。

30歳で建てる家が、50歳でも使いやすいのか?
子供が独立した後その部屋はどうする?
両親が同居する可能性はないのか?
修繕費はどれくらいかかりそうなのか?
リフォームするときには、工事がしやすいのか?
お隣の土地に将来どういったものが建つ可能性があるのか?

いえづくりは楽しいですが、どうしても楽しいことばかりに目が行きがちです。
わたしたちはその楽しい点とは異なるところで、楽しくなくなる要素はどこにあるのか?という視点をもって考えます。
将来リフォーム費用がすごくかかるようだと楽しくないですよね。
段差が多すぎて高齢になったときつまずくような家はイヤですよね。
見た目が良くても使いにくくて不満を感じるのはイヤですよね。
開放的だと思って窓を大きくしたのに、あとから隣に建った家がこちらの家の中が丸見えになってしまう家はどうですか。
両親と同居する必要があるのに、まったくそんなスペースがなくて困りたくないですよね。
価格を気にしすぎて庇を小さくしたら、雨にいつも濡れてしまう家は心地いいですか?

こんな可能性をできるだけ検討して、お客様に最適だと思われるご提案をさせていただきます。
家が建った瞬間は、この検討事項は特に効果を発揮しませんし、「ここまで考えなくてもよかったんじゃないか」と思われることもあるかもしれません。
ただ、かならず家は古くなりますし、わたしたちも年を重ねていきます。
そうなると将来に発生することはある程度予測できるのです。
残念ながらそれはすぐにはやってこないため、その点で喜んでいただけるまでに時間がかかります。
でも、そのときが来たとき、「あぁ、家をたてるとき、そんなことさん言ってたな~」と思っていただけるからこそ、そこまでわたしたちは考えていきます。
そのとき、「にたのんでよかった」と思ってもらえるだけで私たちは幸せですし、頑張って良かったと思えます。

わたしたちは安価な家づくりが苦手です

世の中には様々なハウスメーカー、工務店があります。
みなさんは家を建てようと考えたときに、いろんな会社を見て回り、金額を出してもらって決めますか?
何を持って決めるんでしょう?
かっこよさ?
担当者の対応の良さ?
耐震性?
知り合いの会社だから?
断熱性?
それとも金額?

私たちは小さないわゆる工務店です。
私たちがいえづくりをできるのは、協力していただける職人さん達がいるからです。
私たちは職人さん達と一緒に、一生懸命家づくりをしていきます。
安価な家づくりというのは、材料を多く仕入れてできるだけ安くする方法と、職人さん達に支払う金額を少なくして安くする方法があります。
材料については、小さな工務店でも最近では出来るだけ安く仕入れる方法があります。
しかしながら職人さん達には、どのようにしても安く支払ったらその分しか収入はなく、他の仕事もどんどん入れていかないと生活が出来なくなってしまいます。
いい仕事をする人に、それなりの金額を支払うのはおかしいでしょうか?
わたしたちは仕事に対する対価を職人さんたちに支払います。
いい仕事をする人には支払いが大きくなります。
みなさんも働くにあたって、同じ仕事をしていて安い給料だと納得できませんよね?
こんなに一生懸命しっかりとした仕事をするのに給料が安いのなら、ほどほどの仕事をしよう、とモチベーションが下がってしまいます。
それは職人さん達もまったく同じ気持ちです。
納得できなければより高い仕事の方に行ってしまい、腕の良くない職人さん達が集まる工務店になってしまいます。
安く依頼すれば手を抜くことも出てきますし、材料や施工の仕方にも差が出てきてしまいます。
私たちはそういった現場を多く見てきました。
そんないい加減な家づくりなんてしたくない、やるなら真面目に、真剣に、現場でも熱い気持ちをもった人たちと一緒に仕事をしたい、そう思っています。
一生懸命な職人さん達とだから、お互いいいアイデアをだそうと頑張れますし、無理も言い合えます。
「もっとよくするにはどうしたらいい?」
「よそでこんな失敗があったから気をつけた方がいいよ」
なんて意見交換が出来ますし、現場でも職人さん達から自主的に、こうしたほうが良くない?と提案をもらうこともあります。
どの世界でもありますが、言われても出来ない人、言われてただ仕事をする人、言われなくてもやる人、更にはより良くするための工夫をする人がいます。
私たちはより良くするための工夫をする職人さん達と家づくりをしていきます。
だから安価にはできません。
お客様には見えていなくても、プロにはみえる手抜きを一切しないためにも、私たちは適正だと思う金額のご提示をさせていただきます。
もちろん企業としての努力は継続していきますので、できるだけお客様のご希望に叶うように頑張っていきます。

自分たちが住みたいと思える家をつくります

こんな家住めたらいいな、それは私たち作り手でも考えることです。
私たちも自分たちの家を建てられるのは1回かすごく良くて2回が限度でしょうね。
そうなるといろんな建物を見ている私たち、当然ですがこんなのいいな、といったものがたくさんあります。
それに全て住むことができないのなら、お客様に住んでいただきたい、そんな想いでプランを考えます。
もちろん私たちの考えを押しつけるわけではありません。
多くのイメージがあるので、その中からお客様に合うものをマッチングさせることが出来るとお客様も喜んでいただけますし、私たちもとても嬉しくなります。
逆に工務店側の人が「自分たちは住みたくないけどなぁ」という家に住みたいと思いますか?
私たちが住みたいと思えるくらい、いい家になるよう頑張りますし、わくわくして仕事ができます。
じゃあ、どういったものが私たちのスタッフが住みたいと思える家なのか?

流行の建物ではないこと。

建築にも流行り廃りがあります。
そういったものはかならず5年から10年経つと陳腐化します。
なぜなら本物ではないからです。
なんとなく最近よく目にするものであり、いいなと思うことも多い流行りのデザイン、それは世の中に見なくなってくると急にみすぼらしくなります。
安価な材料を使い、それとなくかっこよく見せていても、それは表面上のものだけ。
構造であったり、材料の質、見えないところの仕事の良さ、そういった本質をとらえたものが私たちが住みたい家になります。

他にはないもの

どこでも見るようなものってみんなと同じだからいい、という方もみえるかもしれません。
でも私たちはそうは考えず、ここにしかないものがいい、他にないからこそかっこいい、と考えます。
本気でかっこいいと思うからこそ、長くその価値も続きます。
でも、かっこいいものはどうしても高価になる傾向があります。
見たことがないということは、あまり普及していないもの、となると高級だからみんなが手を出さない、だからこそ手に入れたい、かっこいい、と思います。
もちろん全員が手に入れられるわけではありません。
だからこそ価値があると思います。
全てを通常使用する材料ではなく、ポイントとして格好いい材料を使用することで、他にはないものを作り出すことができます。
材料だけではなく、職人さんの仕事によるカッコよさもあります。
大工さんはわかりやすいところで、その腕の良さでやはり雰囲気が変わりますし、きれいに仕上がるかどうかで見る人が見ると、この家はかっこいいと思えるものができあがります。
左官屋さんも腕の良し悪しが見えやすい仕事です。
壁や床を平滑に仕上げるのには熟練の技が必要です。
それがきれいに仕上がっているとかなりかっこよくなります。
デザインには徹底的にこだわります。
細かなところで妥協をすると、結局そこが原因でカッコ悪くなることがあるからです。
『神は細部に宿る』という建築業界では有名な言葉があります。
こう言ったのはミース・ファン・デル・ローエという建築家(1886- 1969)。20世紀を代表する、ドイツ出身の建築家です。
やはり細部をとにかくこだわって作ることが、建築が活きてくる要素になるわけです。
昔も今も大切なもの、本質は一緒なんだと思います。
こういった材料やデザイン、職人さんの仕事のトータルによる他にはないものを作り出していきたいと、私たちは考えています。

一生涯お付き合いするつもりで家づくりをお手伝いします

家に住むというのは長い期間であることは間違いありません。
私たちは、お客様との出会いを一期一会だと考えています。
その時の出会いを大切に、お客様と私たちの考えが合致したとき、はじめて家づくりができると思います。
お客様は、家を建てる会社を様々な理由で選ばれます。
それでは私たち、工務店側はどうでしょう?
お客様が求められる条件と合わない場合も当然あります。
そういった場合はお断りするしかありません。
私たちの考えと合わないものを無理してはやりません。
考えと合わないものを無理してやることもできるのですが、そのあと私たちはとても後悔してしまうからです。
私たちが建てたいと思えるものではないのにそれを提供してしまうということは、お客様にとっても幸せなことではありません。
お客様と私たち双方が納得をして気持ちよく家づくりをすることができると、その後もずっとお付き合いしていけると思っています。
私たちも建てさせていただいた家に愛着が湧きますので、その後の様子も気になります。
どんな風に変化していっているんだろう、お客様の生活スタイルによって本当にいい家になっていっているんだろうか
そんなことにとても興味が湧きます。
お客様と私たち双方がその変化に興味を持ち、長い時間をかけて家を完成させることができると、ようやくいい家づくりができたと思えるのです。
そこまでの変化を一生涯かけて一緒に見届けることができるお客様と一緒に家づくりをしていきたいというのが、私たちの想いです。

苦手なこともあります

小さな工務店ですので、やはり苦手なことがあります。
大手ハウスメーカーのように自分たちで所有している展示場もありません。
なので家のイメージは手描きやCGでのパースでご提案させていただきます。
開発費をかけられるわけではありませんので、基本的には市場にあるものしか使用できません。
逆に言うと、市場にあるものであれば何でも採用できますし、職人さんたちに作ってもらうこともできます。
お引渡ししたあとの定期点検もなかなかできません。
定期点検ではなく、もうそろそろ見に行ってみたいな、と思えるタイミングでご訪問させていただいての点検はさせていただきたいと思います。
もちろん、お客様から見に来てほしいというご要望があれば、回数なんて関係なくいつでも伺います。
いつでも呼んでもらえる、そんな関係が私たちは望んでいるかたちです。
遠方まで家を建てに伺うことができません。
『遠くの親戚より近くの他人』ということわざがあるように、遠方になるとどうしても関係性が薄くなってしまいます。
建てた後、長くお付き合いさせていただくためにも、私たちの会社から通える範囲での現場しか承ることができないのです。

年間施工棟数には限りがあります

小さな工務店である以上、設計や施工においてもスタッフの業務量に限りがあります。
それを超えて家を建てていこうとすると、必ず無理が生じます。
無理が生じるとどうなるでしょうか?
まずはスタッフに無理が生じることで、余裕がなくなり質が低下します。
設計であれば、考える時間が減ってしまうことで本当はもっといいプランがご提供できるはずだったものができなくなります。
施工であれば、一つ一つの現場にかけられる時間が減ってしまうため、施工精度が落ちてしまったりミスが発生したりする可能性が高くなります。
そうなるとお客様にとっての大切な家づくりに支障をきたしてしまい、結果としてお客様の満足度が落ちてしまいます。
そんなことは当然ですがしたくありません。
スタッフを増やせばいいんじゃないか?そう思われるかもしれませんが、同じ想いをもって家づくりに携わることができる、優秀なスタッフというのは多くはありません。
またそんな方がなかなか私たちと一緒に働いていただける機会も多くありません。
ですから、私たちは今の私たちの実状を把握したうえで、でき得る最大限の力を限られたお客様に注ぎたいと思っています。
私たちは質を追い求め、かつお客様の満足度を追い求めます。
数は追い求めません。
数を求めると質が落ちます。
質が落ちるとローコストにせざる負えません。
そうなると私たちのつくりたい家にはなりません。
そんなものをお客様に提供したくはありません。
私たちのつくりたい家=お客様の住みたい家 となるように施工棟数について譲ることはできないのです。

企業理念を持っています

私たちは起業当初から企業理念を持って業務にあたっています
企業理念とは、企業として同じ想いを持ったスタッフが集まり、その気持ちを持って仕事をしていきます、といったお客様に対してのお約束事とも言えます
スタッフが同じ想いを持って家づくりをしていかないと、ちぐはぐなものをつくってしまいます
そのためにも起業時に熱い想いを持って作成しました
当たり前のことを当たり前に行う、それがとても難しく、実行できてない企業も多くあります
私たちもお客様が求めている当たり前をご提供できていない部分もありますが、それを少しでも多くご提供していくよう努力し、当たり前以上のところは更に磨きをかけて提供していきたいと思っています

【企業理念】

  1. 堅実な仕事を心掛けます
  2. 人を育てるための努力は惜しみません
  3. お客様のために誠心誠意対応致します
  4. 「おかげさま」の気持ちを忘れません
  5. 常に向上心を持って取り組みます
  6. 安心・快適を提供致します
  7. 仕事を楽しめる仲間と共に現場を納めます