整理収納アドバイザーのいる建築士事務所

整理収納とはくらしそのものをラクにして、気持ちと時間にゆとりを持つための手段です。

整理収納アドバイザーと自己紹介すると、「片付け屋さんなの?」と度々質問されます。

「いいえ、違います。」

そもそも整理収納とは何か?片付けとは何か?

「整理」とは、いるモノといらないモノを分離していらないモノを取り除くこと。
「収納」とは、必要なモノを取り出しやすく使うときのことを考えて収めること。モノを詰め込むことではありません。
「片付け」とは、使い終わったモノを決まった場所に戻すこと。

まとめると、日々の暮らしの中で必要なモノがわかり、ストレスなく連続で使い続けられること。

個々の暮らしは異なります。
一人一人に合った整理の段階、収納の段階を踏んで、日々行われる片付けへとつながるアドバイスをするのが整理収納アドバイザーです。
暮らしは日々更新されます。そんな日々のシステム作りのお手伝いができれば幸いです。

まずは整理してからが原則

雑誌やTVなどで目にしたことがあるインテリア術。片付け術。
その時はイイな!と思ってもその状態をキープできない経験があると思います。
それは整理の段階をクリアしていないから。

日々の暮らしは人それぞれ異なります。
今の暮らしに何が必要で、何が不要か。
判断基準を提示しながら整理を進めていきます。

家の中を見られるのが恥ずかしい、見られることに抵抗感がある人も多いと思います。

大丈夫です。恥ずかしいことは全くないんですよ。
アドバイザーはそういった状況を改善することが仕事ですから。
暮らしの場を見せていただくと、その生活スタイルの理解にもなります。

それでもアドバイスだけにして・・・という方もみえるかと思います。大歓迎です。整理のコツをお話することも可能です。

暮らしは日々更新されます

結論ですが、整理収納にゴールはありません。
人も暮らしも変化していきます。
それに合わせて整理収納も変化します。

あれ?何か違う?・・・と思った時が見直し時。
システム作りも更新してきます。

「技術になる」「いい循環になる」
アドバイスや作業を通じてお客様自身に整理力、収納力が身についていきます。
また、ご自身に必要なモノがわかる力もつき、慎重に買い物をするようになったり、モノを招き入れる行動ができるようになります。
結果として出費が抑えられ、時間や暮らしにゆとりができるようになります。

途方に暮れている人も大丈夫です。
必ず終わりがあります。
いい循環への一歩を歩みだしてみませんか?