今回は「ご自宅の防犯対策について」お話させていただきます。

まず皆様は泥棒の多くは、窓から侵入する。とご存じでしょうか?

警視庁の調査によると、泥棒の侵入口として一番多いのは「窓」であるとされています。

その数は、実に全体の6割以上。縁側・ベランダ・居室など、家中のありとあらゆる窓が侵入口になっているんですね。

また、この6割以上という数字は警察に連絡があった件数から割り出されているため、未遂に終わったものも含めると、さらに多くの窓が侵入口として狙われていることになります。

「我が家は、しっかり鍵をかけているから大丈夫。」と思われている人は多いかもしれませんが、残念ながら鍵をかけるだけでは空き巣の被害を防ぎきることはできません。

実は泥棒が窓から侵入する際、一番多く利用される手段が「ガラス破り」なんだそうです。

※「ガラス破り」とは・・・

ドライバーなどを使って窓ガラスに穴を開けること。

こじ破りは、ドライバーで窓ガラスをこじるように小さな穴を開け、そこから指を入れて、クレセント錠を解錠して侵入します。

ガラスを割る時に大きな音が出ないので、周囲に気がつきにくく、解錠は短い時間でできてしまいます。

この方法は、過去に多かったガラス切りを用いて窓ガラスを切り抜く手法と違い、鉄線入りのガラスでも防ぐことができないため、
割れにくいガラスを使用するか、ロックがかかる鍵を使わなければ対策できません。

約70%の泥棒や空き巣は、侵入するまでに5分以上かかると、諦めて帰っていくという統計結果も出ています。

しかし通常の窓ガラスは、10秒程度で割れてしまうのです。

ガラスに片手が入る程度の穴をあければ、簡単にカギも外せてしまいます。

防犯というと、戸締まりにばかり気を取られてしまいがちですが、窓を丈夫なものにするだけでかなりの防犯対策になると言えるのです。

では、防犯のための具体的な窓のリフォームについて見てみましょう。

・防犯ガラス交換

防犯用の窓ガラスには、「防犯合わせガラス」や「防犯合わせ複層ガラス」と呼ばれる種類があります。

「防犯合わせガラス」は、2枚のガラスの間に特殊フィルムを挟んだもので、万が一外から衝撃を受けてもガラスが割れにくいという特性を持っています。

一方、「防犯合わせ複層ガラス」は室外側にもう一枚のガラスを加えたものです。

防犯合わせガラスよりも、さらに防犯性が高くなります。

・面格子、ルーバー設置

窓を外側からしっかりガードする面格子は、見た目にも侵入しづらい家だというアピールになります。

近年では、それぞれの住宅に合わせたおしゃれなデザインも多くあります。

さらに、ネジの取り付け部が見えないようにブラケットカバーを付けられる、防犯用の格子もあります。

ちょっとした小窓からの侵入例もあるので、小さな窓にも格子をつけることをおすすめしております。

・シャッター設置

シャッターの取り付けも、窓の防犯対策を高める非常に有効な手段の一つです。

後付けも可能なので、どのような窓にも対応できます。

中にはルーバー付きのタイプもあり、夏の時期でも戸締りと通気の両方ができるようになっています。

※ルーバー付きシャッターにつきましては、次回のブログで詳しくお話させていただきます。

他にも近頃はナイフやハンマーでも切れない網戸なども、あります。

ベランダの窓にも設置しておくと、より安心・安全です。

ガラス一枚で室内と外を隔てている窓は、泥棒からすれば格好の侵入口です。

我々、KABUTOは建物全体、敷地全体を見てガラス部は、もとより不審者が侵入しにくい状況をつくることができるよう提案します。

自分の家が標的にならないよう、しっかり防犯対策をしておきたいですね。